看護師

良い医者と出会うためには

看護師

医者の選び方とは

患者と医者との関係に関しては、たとえどんな病気であっても接し方がカギを握っています。とくにうつ病の治療においては、うつ病が完治するまでにはおよそ数ヶ月は時間を費やすことになります。患者というのはある一定の間隔をもってクリニックへ足を運ぶことになるため、医者との良い関係をつくっていくことが大事です。患者から選ばれる医者とはどういったタイプなのかというと、病気に対してのきちんとした技術・知識を持っていることが医者選びのポイントになります。そして、常日頃から勉強に取り組み、新しい情報や知識を学びながら治療に励んでいる医者がベストです。あとはうつ病の治療においては、患者が口にすることをそこまで耳に入れないという接し方では問題があります。自らあまり喋らない患者の場合はしょうがないことですが、患者は自身が抱えている不安・気持ちを誰かに話したいという強い願望があります。そこに気づかないような接し方をしている医者に関しては、もう少し患者の心境を理解していくよう努めていくべきでしょう。それとともに、患者の家族の意見に対し、きちんと説明できる医者である必要があります。また、良い人柄であることも患者から選ばれる医者の条件のひとつでしょう。例としては、医者が上から目線をするような接し方に苦痛を感じるからといい、他のクリニックへ行く患者も現れるほどです。患者に対する接し方で嫌なイメージを与えてしまう医者とは、患者からしても何か言いたいことがあっても話す気は起きないでしょう。それから、医者の人柄以外にも相性も選ばれる基準となっています。とくに、うつ病のような心の病の場合、患者と医者の仲が良いか悪いかで治療の効果が変化してきます。ですので、患者と医者の相性も見逃すことはできません。心の病を治療していくには、患者がたとえどういったことでも相談を持ちかけられるような医者との関係性が最も大事です。信頼関係を深めていくためにも、できるだけ長い期間をもって患者自身も同じ医者にみてもらうよう心がけていきましょう。