看護師

うつの人との付き合い方

男の人

しっかりと治す

今の時代はストレスがとても多いですから、仕事をしている人だけではなくそれ以外でもさまざまなストレスを抱えて生活しています。このストレスがとても大きくなってしまうと、心と体に大きな影響を与えてしまい、結果的にうつ病になってしまう人がいます。うつ病になってしまったときや、その手前の段階で気づくことができれば、すぐに心療内科や精神科に通うことが重要です。一日でも早めに治療を開始することができれば、それだけ早く完治することができるからです。それでは、精神科や心療内科で治療を行っていく場合は、どの程度の治療費が発生してくるのかというと、これは症状にもよって異なりますが、基本的には、薬代とカウンセリング料程度と言えるでしょう。初回は初診料が加わりますが、2週間に1回程度の割合で、うつ病の治療を行った場合には数千円程度で済むでしょう。この程度の金額で済んでしまうので、とにかく早めの治療を行って損はないです。さて、うつ病の方が身近にいる場合の接し方ですが、基本的にはうつ病の方を頑張らせたり、考えさせたりするのはいけません。落ち込んでいる状態ですから、周囲の人は励ましてあげたいところですが、それはかえって逆効効果です。励ます接し方をとることで、もっと頑張らないといけないんだと感じさせてしまうからです。また、アドバイスをしたいところですが、アドバイスをする接し方は避けた方が良いでしょう。アドバイスをするということは、うつ病の人に考えさせてしまうことになります。生活の負担を減らしてあげること、そっとしておいてあげることが一番の治療になってきます。いろいろと、問いかけをしてあげたいところですが、これもご法度です。とにかく、そっとしておいてあげることが重要です。周囲の人が優しく見守ってあげること、そして精神科や心療内科で治療を行い、薬を飲み続けることにより、少しずつではあるかもしれませんが、元の状態に戻っていくでしょう。なかなか、うつの状態にならないと理解できない部分はありますが、周囲の接し方と協力がとても大切な病気です。