看護師

精神が不安定な人と話す時

ハート

症状への言及は避ける

何かと忙しい現代では、気苦労を負うことが多々あります。一番の苦労はやはり人間関係ではないでしょうか。職場に相性の良くない人がいても、どうにか折り合いをつけなくてはなりません。飲み会のための自分の都合を削る人も多いでしょう。仕事だけでなくプライベートでも人と関わることが多くあります。他人との交流は必要ですが、それによって積み重なった苦労が精神に悪影響を及ぼし得ることは覚えておいた方がいいでしょう。たまったストレスを発散できなければ、うつ病にかかります。漠然とした不安や無気力感が常にあり、ひどく気落ちしてしまいます。人によっては、やらるべきことが手付かずになるほど重くなったりもします。もしも自分の周りにうつ病を患った人がいたら、その人との接し方には注意しましょう。鬱病の人は精神的に不安定な状態です。言葉のかけ方を間違えると、トラブルになる可能性があります。それだけでなく、負担を強めて鬱病の悪化につながることもあるため、不安定なことを踏まえた接し方が必要です。うつ病の人と話す時は、自然なふるまいを心がけるようにします。そして、本人が苦しんでいることにはなるべく触れないようにしましょう。会話の中でうつ病のことを紛らわすようにすると、相手も気分が楽になります。話す内容にも注意しましょう。「病気」などうつ病と関連がある言葉をなるべく避けるようにします。あくまでもうつ病のことに触れないような接し方をするのがポイントです。話す時によくやりがちなのが、うつ病にかかった人を励ますことです。実は、これは負担をかけることになるのでやるべきではありません。励まされるとやる気が出そうな気がしますが、うつ病の人にとって「やる気出せ」と言われることは大きなプレッシャーです。表向きはいい意味の言葉でも、心理的な負荷を強めてしまうわけです。うつ病は、精神の負担を取りはらわないとよくなりません。そして、最も負担になることが何とかしなければと思わせるような言葉です。かかった人がよくなるためにも、自然な接し方と精神面に触れない話し方、この二つを心がけておきましょう。